ナビゲーション
意外と知らない車のこと 夏タイヤと冬タイヤについて

夏タイヤと冬タイヤと車

意外と知らない車のこと 夏タイヤと冬タイヤについて
車に乗っている人は、冬タイヤと夏タイヤを使い分ける必要があると思います。
雪の降る地域では、冬は冬タイヤで走らなくてはいけません。夏タイヤだと滑って危ないので、シーズンごとにタイヤを取り替える必要があります。
雪の降らないような地域であれば年中夏タイヤでもいいと思いますが、北海道などはそうはいきません、季節の半分が冬タイヤで過ごすことになると思います。
タイヤの交換は自分ですることもできますし、車屋さんに頼んでしてもらうこともできます。
車屋さんに頼むとお金がかかるので、自分でできる人は自分で行ったほうがお得だと思います。
冬タイヤで夏の道路を走るとタイヤが磨り減るのでもったいないことになります。
なので雪が溶けてもう大丈夫となったら、すぐに夏タイヤに交換することをオススメします。
季節に関係なく、タイヤは磨耗していきますので、ある程度の年数を走ったらタイヤを新しいものに交換する必要も出てきます。
車を所有していると避けては通ることができない道ですし、車にはメンテナンスなども必要ですし、タイヤのことなども考えると維持費やメンテナンス日がかかることが分かると思います。


冬に磨耗している冬タイヤで走ると事故のもとになるので注意が必要です。
もったいないからといって古いタイヤをずっと使っていると、すべって事故にあう可能性も高くなってしまうのです。
タイヤは車屋さんおスタッフに見てもらって、磨耗をしているかどうかを判断してもらうといいと思います。
素人には車のことはよく分からないので、プロの任せたほうが安心だと思います。
私も夏と冬にタイヤを自分で交換していますが、力仕事ですし疲れます。

しかし自分で交換する技術を覚えることで、いつでもタイヤの交換をすることができますし、いざというときにも便利です。
お金もかかりません。
しかし間違ったタイヤ交換をしてしまうと、走行中にタイヤがとれてしまったりというような事故になりかねません。

おすすめ情報